京都・醍醐寺に、イケアの花見カフェ

daigojicafe_4339-594febe5e74d436b0c27a2a7b68c886a7c9c5413

京都・醍醐寺に、イケアの花見カフェ

2017.4.1 7:00

桜の名所として有名な「醍醐寺」(京都市伏見区)に、イケアが店内の家具をコーディネートしたカフェ「カフェ・スゥ・ル・スリジエ」が、4月1日境内にオープンした。店名はフランス語で「桜の木の下で」という意味。

店内にコーディネートされたのは、4月から発売のストックホルム コレクションで、快適な使い心地を追究。窓の外には枝垂れ桜画像一覧

醍醐寺はこれまでも、「寺子屋プロジェクト」として学びを実践する場を提供。コミュニティの中心として人や文化の交流の場であったお寺本来の意義と、地域の経済的発展を願い、さまざまな活動をおこなっており、近年では世界遺産に関する授業について学生の研究成果に協力することも。その姿勢に賛同したイケアが、価値ある物を継続的に使っていくサステナブルなアイデアを発信する拠点となるべく、新たなコミュニケーションの場の提供をサポートした。

「さまざまな京都文化体験を発信する『ダイゴジ・プロジェクト』を推進しています」と総本山醍醐寺座主の仲田順和僧正
「さまざまな京都文化体験を発信する『ダイゴジ・プロジェクト』を推進しています」と総本山醍醐寺座主の仲田順和僧正画像一覧

こちらは5年前に休憩所として建てられ、ベンチだけを置いていたスペース。枝垂れ桜が周りを取り囲み、京都で一番に桜が咲く名所として、憩いの場となっていた。「環境に配慮したイケアの家具をコーディネートすることで、自然や環境問題、環境にやさしい暮らしのヒントを学ぶきっかけになれば」とイケア・ジャパン副社長のミリヤ・ヴィーナネンさんは語った。コーヒー400円から。また、醍醐寺霊宝館春期特別展「醍醐の花見」は5月15日まで開催中。

「自然や環境問題について学ぶワークショップの開催も予定しています」とミリヤ・ヴィーナネンさん
「自然や環境問題について学ぶワークショップの開催も予定しています」とミリヤ・ヴィーナネンさん画像一覧

醍醐寺『Cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)』

2017年4月1日(土)オープン
住所:京都市伏見区醍醐東大路町22
営業:10:00〜16:30(季節により変動あり)※不定休
URL:https://www.daigoji.or.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の情報

  1. 2253778fa2c23-961b-47af-9b6a-17a393071e0f_m-458146b86727462ad4341ba61d892b39917f073b

    2016-4-20

    電話ボックスに金魚が泳いでる?金魚の町、大和郡山に行ってみない?

    シェア ツイー…
  2. 169063b79d92a-1555-4b10-a75b-c0412b2173f9_m-3b653221bfd3f8ef5eb18c25a763d9399957307c

    2015-11-13

    懐かしさがこみあげる!ブックカフェとして生まれ変わった和歌山の廃小学校?

    シェア ツイー…
  3. cl000000010031_1431581077154-4bde79473a4bc1393eae91dcbfe09639df22d224

    2015-4-21

    なぜ?嘘との説も…信長による比叡山延暦寺の焼き討ち、その理由は

    織&#…
ページ上部へ戻る