雌伏すること14年!和歌山県「九度山」は真田信繁再起の地|和歌山県|トラベルjp<たびねす>

BBD830C95FA24F0CAD7ECDB51FC165C6_thumbnail-7d29972f76935feaa365467387d0cdf597d52d8f
2016年の大河ドラマ「真田丸」の主人公真田信繁は、関ヶ原の合戦で石田三成側であったため、徳川家康により父の昌幸と共に和歌山県の九度山に蟄居させられました。その後、大坂の陣に参戦するまでの14年もの長き間、ここで過ごします。

今回は、駅から手軽に歩いて回れる範囲でありながら、昌幸、信繁に所縁の場所と、様々な物を見ることが出来る九度山を、ご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の情報

  1. 2253778fa2c23-961b-47af-9b6a-17a393071e0f_m-458146b86727462ad4341ba61d892b39917f073b

    2016-4-20

    電話ボックスに金魚が泳いでる?金魚の町、大和郡山に行ってみない?

    シェア ツイー…
  2. 169063b79d92a-1555-4b10-a75b-c0412b2173f9_m-3b653221bfd3f8ef5eb18c25a763d9399957307c

    2015-11-13

    懐かしさがこみあげる!ブックカフェとして生まれ変わった和歌山の廃小学校?

    シェア ツイー…
  3. cl000000010031_1431581077154-4bde79473a4bc1393eae91dcbfe09639df22d224

    2015-4-21

    なぜ?嘘との説も…信長による比叡山延暦寺の焼き討ち、その理由は

    織&#…
ページ上部へ戻る