大阪で余白から本質を体感する展覧会

onishi_yasuaki_jikan-fe723ca6674aa9c0503d83318ddb45e6c2d7c007

大阪で余白から本質を体感する展覧会

2017.1.12 7:00

『岡本太郎現代芸術賞展』太郎賞などの受賞歴があり、国内外で活躍する彫刻家・大西康明が、「アートコートギャラリー」(大阪市北区)で1月14日から個展を開催します。

《時間の溝 空間の縁》 ポリエチレンシート、ファン、タイマー、糸、他 180×ø180cm 2016年(アートコートギャラリーにて、1月14日より)画像一覧

大西の作品といえば、空気の出し入れにより伸縮するポリエチレンシートのバルーンや、山の輪郭のような形態のポリエチレンシートと飴を思わせる無数の黒い糸を組み合わせた作品などが思い浮かびます。それらは彫刻特有の立体感、塊感よりも、空洞や余白を強調した表現と言えるでしょう。

《体積の内側 16T1》 接着剤、アクリルボックス、ステンレススチール 30×30×30cm 2016年(アートコートギャラリーにて、1月14日より)
《体積の内側 16T1》 接着剤、アクリルボックス、ステンレススチール 30×30×30cm 2016年(アートコートギャラリーにて、1月14日より)画像一覧

つまり、ネガの空間を出現させることで、体積、重さ、重力、光の諧調、時間といった我々の周囲に遍在するものを意識させることが大西のテーマなのです。本展では、収縮を繰り返す複数のバルーンからなる新作「空間の縁」を中心に、パネルに接着剤を塗りこめた後、圧着、再加熱、引っ掻きなどを繰り返す「Plate of traces」、立方体の中の空洞を彫刻して、多視点から鑑賞できる「体積の内側」を展示します。我々の認識の裏を突くような、意外性に満ちた世界を楽しんでください。

文/小吹隆文(美術ライター)

大西康明「空間の縁」

期間:2017年1月14日(土)〜2月18日(土)・11:00〜19:00(土曜〜17:00) 日・月・祝休
会場:アートコートギャラリー(大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F)
料金:無料
電話:06-6354-5444
※会期中に関連イベントあり。詳しくは公式サイトにて
URL:http://www.artcourtgallery.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の情報

  1. 2253778fa2c23-961b-47af-9b6a-17a393071e0f_m-458146b86727462ad4341ba61d892b39917f073b

    2016-4-20

    電話ボックスに金魚が泳いでる?金魚の町、大和郡山に行ってみない?

    シェア ツイー…
  2. 169063b79d92a-1555-4b10-a75b-c0412b2173f9_m-3b653221bfd3f8ef5eb18c25a763d9399957307c

    2015-11-13

    懐かしさがこみあげる!ブックカフェとして生まれ変わった和歌山の廃小学校?

    シェア ツイー…
  3. cl000000010031_1431581077154-4bde79473a4bc1393eae91dcbfe09639df22d224

    2015-4-21

    なぜ?嘘との説も…信長による比叡山延暦寺の焼き討ち、その理由は

    織&#…
ページ上部へ戻る