作家の幼少期と大人の絵を比較、大阪で

nakaharakodai-32b588965dc01e04a9b8ae5d837b698dbcde9b79

作家の幼少期と大人の絵を比較、大阪で

2016.12.28 12:00

1980年代後半から90年代前半にかけて、玩具のブロック、編み物、美少女フィギュアなどの多様な素材を駆使した彫刻作品を発表し、芸術の概念を拡張してきた中原浩大。約3年半ぶりの個展は、幼少期から現在までの「絵」がテーマ。『Educational』と題して2017年1月7日から「ギャラリーノマル」(大阪市城東区)で開催されます。

中原浩大《1966.1 (4才)》 33.5×52.8cm 画用紙にクレパス, 水彩, ホッチキス ※参考図版(1月7日〜、ギャラリーノマル)画像一覧

2000年代後半からは、ツバメをモチーフにした写真作品、アイロンビーズを用いた平面作品、ドローイングなどで個展を開催した中原。2013年には郷里の「岡山県立美術館」で、「自己模倣」と題した大規模個展を行いました。

今回は、画廊1階のメインスペースに中原の幼少期の作品が並び、2階レセプションルームでは大人になってからのドローイングを展示します。その意図は何でしょう。展覧会タイトルの「Educational」から、教育や既成概念が人間に与える影響を探ることが窺えます。あるいは、外的影響を超えて一個人に脈打つ一貫性を見出そうとしているのかもしれません。いずれにせよ中原浩大らしい、美術の枠組みに一石を投じる試みとなるでしょう。

文/小吹隆文(美術ライター)

『中原浩大 Educational』

期間:2017年1月7日(土)〜2月4日(土)・13:00〜19:00 日・祝休 ※12/30〜1/3休
会場:ギャラリーノマル(大阪市城東区永田3-5-22)
料金:無料
電話:06-6964-2323
URL:http://www.nomart.co.jp/gallery/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の情報

  1. 2253778fa2c23-961b-47af-9b6a-17a393071e0f_m-458146b86727462ad4341ba61d892b39917f073b

    2016-4-20

    電話ボックスに金魚が泳いでる?金魚の町、大和郡山に行ってみない?

    シェア ツイー…
  2. 169063b79d92a-1555-4b10-a75b-c0412b2173f9_m-3b653221bfd3f8ef5eb18c25a763d9399957307c

    2015-11-13

    懐かしさがこみあげる!ブックカフェとして生まれ変わった和歌山の廃小学校?

    シェア ツイー…
  3. cl000000010031_1431581077154-4bde79473a4bc1393eae91dcbfe09639df22d224

    2015-4-21

    なぜ?嘘との説も…信長による比叡山延暦寺の焼き討ち、その理由は

    織&#…
ページ上部へ戻る