カニシーズン到来、日帰りで日本海へ

kanikani_kinosaki_3-900x600-9071086a8c69ded4ba79797dc5bdff332b3dbe69

カニシーズン到来、日帰りで日本海へ

2016.12.2 12:00

国内で最も多く流通するズワイガニ。JR西日本が関西から城崎温泉や天橋立へカニ料理を食べに行く日帰りツアーには、早速カニを求めて観光客が足を運んでいる。

城崎温泉の街道には大小様々なカニが並ぶ画像一覧

京都から鳥取までの日本海側で水揚げされるカニは「松葉カニ」と呼ばれるなど、水揚げされる漁港によりブランド名の呼び名が違うズワイガニ。この地域では毎年11月6日が漁解禁で、冷凍されずに活きたまま流通するカニの料理はプリプリの食感を楽しめる。シーズンが来るとこぞってカニを食べる関西人にとっては、この日が待ち遠しいという人も多い。

外湯めぐりで知られる兵庫北部の城崎温泉。ここにもカニと温泉をもとめて若者や海外からの観光客が足を運ぶ(11/15、兵庫県豊岡市)
外湯めぐりで知られる兵庫北部の城崎温泉。ここにもカニと温泉をもとめて若者や海外からの観光客が足を運ぶ(11/15、兵庫県豊岡市)画像一覧

この日帰りツアー『かにカニ日帰りエクスプレス』では、日本海まで足を運び、松葉カニをはじめとする新鮮なカニ料理を割安で堪能できるとあって、毎年人気のコースだ。「比較的観光客の少ない11月からリピーターの方が訪れてくださいます。カニの原価が上がっていますが、お料理のグレードは落とさず冬の味覚を堪能いただけるよう、各施設の方々には努力いただいてます」と担当者は話す。期間は来年3月21日まで。料金は大阪市内発着12700円〜、神戸市内発着11900円〜、京都市内発着11300円〜。

日帰りツアーのカニ料理の一例。ここでは刺し、蒸し、焼きなど約2杯半分のカニをお腹いっぱいいただける(11/15、「ぎゃらりーの宿 つばきの旅館」)
日帰りツアーのカニ料理の一例。ここでは刺し、蒸し、焼きなど約2杯半分のカニをお腹いっぱいいただける(ぎゃらりーの宿 つばきの旅館)画像一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の情報

  1. 2253778fa2c23-961b-47af-9b6a-17a393071e0f_m-458146b86727462ad4341ba61d892b39917f073b

    2016-4-20

    電話ボックスに金魚が泳いでる?金魚の町、大和郡山に行ってみない?

    シェア ツイー…
  2. 169063b79d92a-1555-4b10-a75b-c0412b2173f9_m-3b653221bfd3f8ef5eb18c25a763d9399957307c

    2015-11-13

    懐かしさがこみあげる!ブックカフェとして生まれ変わった和歌山の廃小学校?

    シェア ツイー…
  3. cl000000010031_1431581077154-4bde79473a4bc1393eae91dcbfe09639df22d224

    2015-4-21

    なぜ?嘘との説も…信長による比叡山延暦寺の焼き討ち、その理由は

    織&#…
ページ上部へ戻る