なんば髙島屋徒歩2分で1泊3千円!大阪チープ旅行なら「KEN’S HOUSE」|大阪府|トラベルjp<たびねす>

28B375B7563C43B9B5406B8319CB2B24_L-e2f29e94eb60ff1f5b75ed419a7fc7f064e0dc66

インバウンド効果による活況とともに、宿泊料が高騰し続ける大阪の各ホテル。
かつては数千円でリーズナブルに泊まれたビジネスホテルでさえ、1万円を超える価格設定となっているケースも。そんななか、大阪目的地のチープ旅行の心強い味方ともいえる宿泊施設が昨夏誕生しています。なんと一泊たったの3千円也! さて、どんなところなのか早速紹介いたしましょう。


南海、地下鉄、近鉄の各なんば駅から徒歩わずか2〜3分の足の便の良さ

「KEN’S HOUSE」のロケーションは大阪を目指す旅行者にとってはうれしい限りです。
最寄駅から10分前後も歩かないと行けないホテルだと、長距離を移動した後の体には応えてしまいますが、「KEN’S HOUSE」の場合は、飛行機で関空着なら南海電車、伊丹空港着からは空港バス、新幹線なら地下鉄御堂筋線、中部地方からの旅行者は近鉄の各なんば駅に降りたって徒歩2〜3分ですから、ほとんど疲れることなくホテルに到達できます。

大阪ミナミの観光においても、道頓堀のグリコのネオン、なんばグランド花月、法善寺、日本橋でんでんタウン、黒門市場、アメリカ村、堀江など、どこへ行くにも電車に乗ることなく、余裕綽々で歩いて行けてしまいます。旅行地の拠点としては、この上ない足の便の良さといえるでしょう。

ベッドは縦なんと2m40センチ、幅150センチの特注サイズ

写真:十吉 耕次

地図を見る

「KEN’S HOUSE」は、いわゆるドミトリーです。ドミトリーというのは、ユースホステルやゲストハウスや山小屋などの宿泊施設で、相部屋を基本とした部屋のことですが、「KEN’S HOUSE」も、1階がフロント、2〜5階の客室は、各フロアが2段ベッド4台づつの8人収容となっています。各フロアにはウォッシュレット付きのトイレ、シャワールーム、洗面台、洗濯&乾燥機が備わっており、連泊者は屋上で洗濯物を天日で乾かすことも可能です。

またベッドは、通常のドミトリーであれば、縦が2メートルにも満たない既成のもので間に合わせているのがほとんどですが、「KEN’S HOUSE」の場合は、およそドミトリーのイメージとはかけ離れた、縦2m40センチ、幅150センチという、背の高い外国人でもゆとりを感じるほどの、堅牢な特注サイズのオリジナルとなっています。

旅行者にとって、大きくしっかりとしたベッドは、何物にも代えがたい魅力です。
「KEN’S HOUSE」はオープンしたのが2015年7月下旬、まだ館内のあらゆる設備・備品がピカピカで、清潔感にあふれています。

宿泊料を切り詰めたい女子も安心、セキュリティには細心の配慮

写真:十吉 耕次

地図を見る

「KEN’S HOUSE」には門限はなく、いつでも自由に出入りができます。
2階は女性専用フロアとなっており、コンサートやスポーツ観戦のために大阪にやってきて、宿泊料はできるだけ切り詰めたいと考える女性客の利用も増えています。夜間は通常の出入り口にシャッターが降り、開閉には暗証番号が必要で、各フロアのドアも内から施錠できるなど、セキュリティには細心の配慮がなされています。

また、変わったところでは、ワンフロアを8人、全館を32人で貸し切りできるためスポーツの大会や団体旅行など、学校関係者の利用も少なくないとのこと。会社の部署旅行や複数の家族旅行なら、すぐに8人ぐらいになってしまいますから、ワンフロア貸し切りという手もありそうです。

ホテルの裏は大阪ミナミの最新飲食街「ザウラ」、アメ村にもすぐ。

写真:十吉 耕次

地図を見る

大阪ミナミで、心行くまで食べて飲んでを楽しみたい、宿泊は清潔で静かに寝られればそれ以上は望まない、という方にも「KEN’S HOUSE」はピッタリの宿泊施設でしょう。

ミナミの夜の街といえば、道頓堀、法善寺界隈、東心斎橋など古くからのスポットとともに、最近では高島屋の東、道具屋筋との間の「ウラなんば」や、かつての新歌舞伎座裏の「ザウラ」が人気です。その「ザウラ」や「ウラなんば」は、「KEN’S HOUSE」からはいずれも徒歩数分の距離にあります。

さらにディープに飲みたい場合は、アメリカ村界隈までの遠征(といっても「KEN’S HOUSE」からは徒歩10分弱程度)がいいでしょう。朝まで営業しているお店が結構あります。もっとおしゃれに、キレイにまとめたいなら、堀江地区を推奨します。ちょっと大阪には不似合いな、といってもいいスノッブな店が近年、増えています。

屋上テラスで楽しめる美しい夜景

「KEN’S HOUSE」の宿泊料は1泊3千円。土曜と祝日前日は3500円です。エレベーターがなく5階のベッドしか空いていない場合は、ちょっときつい上りになりますが、屋上はテラスになっていて、美しい夜景が楽しめます。「KEN’S HOUSE」はまた、世界最大の宿泊オンライン予約サイトでも、2015クチコミアワードを獲得しています。気持ちよく寝られさえすればという方、あるいは連泊なので費用を切り詰めたい方には格好の宿泊施設でしょう。ピカピカの今のうちにどんどんご利用あれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の情報

  1. 2253778fa2c23-961b-47af-9b6a-17a393071e0f_m-458146b86727462ad4341ba61d892b39917f073b

    2016-4-20

    電話ボックスに金魚が泳いでる?金魚の町、大和郡山に行ってみない?

    シェア ツイー…
  2. 169063b79d92a-1555-4b10-a75b-c0412b2173f9_m-3b653221bfd3f8ef5eb18c25a763d9399957307c

    2015-11-13

    懐かしさがこみあげる!ブックカフェとして生まれ変わった和歌山の廃小学校?

    シェア ツイー…
  3. cl000000010031_1431581077154-4bde79473a4bc1393eae91dcbfe09639df22d224

    2015-4-21

    なぜ?嘘との説も…信長による比叡山延暦寺の焼き討ち、その理由は

    織&#…
ページ上部へ戻る