下鴨神社が幻想的にライトアップ

shimogamo_teamlag_2-ee0908d18b8ba99b15636633b913cb2af4a623ce

下鴨神社が幻想的にライトアップ

2016.8.18 11:00

世界遺産・下鴨神社(京都市左京区)とその参道をライトアップする『下鴨神社 糺の森の光の祭』が8月17日からスタート。その幻想的な空間をひと目見ようと、初日から大勢の人が神社を訪れた。

いたるところに人がいてると、こんなにも鮮やかな色彩が参道に広がる画像一覧

京都三大祭りのひとつ『葵祭』で知られる「下鴨神社」。京阪・出町柳駅から8分ほど歩くと表参道のある「糺ノ森」の入口が見えてくる。この約500mある参道沿いの木々がライトアップされるのが、作品『呼応する木々 – 下鴨神社 糺の森』。人や動物が近づくと光の色を変化させ、風のように次々とその光が広がっていき、参拝者からは思わず「きれい・・・」と声が漏れるほど。

月明かりも呼応して淡く光を放つ

神社の南門にあたる楼門に近づくと目に入るのが作品『呼応する球体 – 下鴨神社 糺の森』。境内にある「舞殿」、「橋殿」の中を転がったり、その建物周辺の空間に浮かぶ球体が、ぼんやりと光を放つ。触れれば色を変え、その光は森の灯りと同じく周囲に広がっていく。

作品を提供したチームラボの猪子社長は「木に人が近づくとそこから色と音が変わって広がり、木の光が球体に呼応するし、球体に触ると光が呼応していって、森の光にも呼応していく。昔の人々は森と人との境界がなくて、自然と一体となる体験をしていたはず。そんな体験をこの森でできる、そんな作品になったら」とその思いを話した。

期間は8月31日までで、『呼応する木々』は入場無料。『呼応する球体』は土日のみの開催で入場料500円。

『下鴨神社 糺の森の光の祭』

日程:2016年8月17日(水)〜31日(水)・18:00〜21:30(『呼応する球体』は土日のみ)
会場:下鴨神社(京都市左京区下鴨泉川町59)
料金:無料(『呼応する球体』入場料500円)
電話:075-781-0010(下鴨神社)
URL:http://www.shimogamo-jinja.or.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の情報

  1. 2253778fa2c23-961b-47af-9b6a-17a393071e0f_m-458146b86727462ad4341ba61d892b39917f073b

    2016-4-20

    電話ボックスに金魚が泳いでる?金魚の町、大和郡山に行ってみない?

    シェア ツイー…
  2. 169063b79d92a-1555-4b10-a75b-c0412b2173f9_m-3b653221bfd3f8ef5eb18c25a763d9399957307c

    2015-11-13

    懐かしさがこみあげる!ブックカフェとして生まれ変わった和歌山の廃小学校?

    シェア ツイー…
  3. cl000000010031_1431581077154-4bde79473a4bc1393eae91dcbfe09639df22d224

    2015-4-21

    なぜ?嘘との説も…信長による比叡山延暦寺の焼き討ち、その理由は

    織&#…
ページ上部へ戻る