定番or新商品?京都土産で人気なのはコレ、贈り物にも最適♪

Figure of kimono clad woman outside chain store selling candy in  Shinkyogoku Covered Arcade.

「京都ならでは」が多すぎる!

京都旅行に行こう♪お土産何にしようかな?

こんな風に考えている時が一番楽しかったりしますよね♡ところが、いざお土産売り場に行くと「京都ならでは」のおいしそうなものや素敵なものがありすぎて、悩んでいるうちに貴重な観光の時間が…なんてこともあるくらい。

世界でもトップクラスの観光地・京都は、お土産も訪れるたびに新しい発見がありますよ♪

絶対喜ばれる♪お土産あれこれご紹介

数多くある京都のお土産の中から、これだけは押さえておきたいものを、カテゴリ別にご紹介します!
甘いものが好きな方も、形で残るものがいいって方にも、きっと「これ!」ってものが見つかりますよ♪

やっぱり甘いもの♡スイーツ7選

1位☆生八つ橋は外せません!

京都土産と言えば生八つ橋!といわれるほどの定番ですよね♪
やわらかい米粉の生地で餡を包んでいる生八つ橋は年齢問わず人気があり、京都土産に選ばれる菓子の中でも、生八つ橋と八つ橋が約半数を占めているんです!

生八つ橋の人気店「聖護院」さんでも、桜や栗など季節限定品が出されているので、いつ京都を訪れてもお土産として買いたくなりますね!

■店舗情報■
「聖護院八つ橋総本店」
・住所:京都市左京区聖護院山王町6
・電話:075-752-1234
・営業時間:8:00~18:00
・定休日:無休

公式HP・購入はこちら

2位☆nikiniki?なになに?八つ橋です!

見てください!なんてラブリー♡なんてメルヘン♪
実はこれ、生八つ橋の「カレ・ド・カネール」というお菓子(1個80円~)なんです。
販売しているのは「nikiniki」さんという八つ橋の老舗「聖護院八つ橋総本店」プロデュースの新しいお店で、お好みの生地に、季節の餡やコンフィを選んで組み合わせ、その場でも食べることが出来るんです。

他にも、季節を感じさせてくれる可愛らしい生菓子もありますので、京都を訪れるたびに立ち寄りたくなるお店ですね♡

■店舗情報■
「nikiniki」
・住所:京都市下京区四条西木屋町北西角
・電話:075-254-8284
・営業時間:11:00〜19:00
・定休日:不定休

3位☆誰にあげても大絶賛!阿闍梨餅

安政三年(1856年)創業の「満月」さんを代表する菓子「阿闍梨餅」(1個108円)は、どなたにあげても喜ばれると、高い人気があります。もっちりしっとりした薄い生地に、自家製の餡がぎっしり詰まっていて、あんこ好きにはたまらないお菓子です♡

電子レンジで温めたり、トースターでちょっと表面をカリッとさせて食べるのも、通の間で人気のある食べ方ですよ♪電話注文もできます。

■店舗情報■
「京菓子司 満月」
・住所:京都市左京区鞠小路通り今出川上ル
・電話:0120-24-7373
・営業時間:9:00~18:00
・休日:水曜日不定休

公式HPはこちら
購入はこちら

4位☆月に3日だけの限定品!

これ、なんだか分かりますか?実はこれ、どら焼きなんです!
「笹屋伊織」さんのどら焼き(1,512円)は、東寺のお坊さんからの依頼で、お寺で作れるものをと考えて、お寺の銅鑼を熱して生地を焼き、そこに餡をのせてくるくる巻いて作ることを考案し「どら焼き」と名づけられました。

もっちりした生地にあっさりした餡で、このどら焼きはたちまち人気のお菓子となりましたが、手間暇かかる製法で、製造が追いつかなくなったため、毎月20日、21日、22日の3日間のみ販売するようになったのです。

地元の方でもめったに食べることが出来ないお菓子ですので、この3日間に京都を訪れる方は、ぜひお店に立ち寄ってみてください♪

■店舗情報■
「京菓匠 笹屋伊織」
・住所:京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
・電話:075-371-3333
・営業時間:9:00~17:00

公式HP・購入はこちら

5位☆可愛すぎて食べられない!?干菓子はいかが?

京都の和菓子の美しさは別格ですよね♡
繊細な細工、上品な味わい、どれをとっても京都らしさにあふれていて、お土産物としても最適です。

昔ながらの材料・製法、職人の手作り、そしてなによりおいしい水にこだわって作り続けている「俵屋吉富」さんの和菓子たちは、どれも上品で美しく、優しさいっぱいの和菓子です。
その中でも干菓子(1箱735円~)は、とくに女性に人気があります♡可愛すぎて飾っておきたくなっちゃいますよ♪

■店舗情報■
「俵屋吉富」
・住所:京都市上京区室町通上立売上ル
・電話:075-432-2211
・営業時間:8:00~17:00
・定休日:日曜日

公式HP・購入はこちら

6位☆京都限定!ラングドシャ

和菓子はちょっと苦手かも…という方にもそうでない方にも、絶対お勧めしたいのがこちらのラングドシャ。
京都北山に本店を置く「マールブランシュ」さんには、京都ならではの味が楽しめる洋菓子がたくさん♡その中でも特に人気が高いのが「お濃茶ラングドシャ 茶の菓」(5枚入り680円~)なんです。

とっても濃いのに上品なお茶の味に、間に挟まれたホワイトチョコのハーモニー♪一度食べたら病み付きになってしまう方が続出です!店頭販売は京都だけですよ。

■店舗情報■
「マールブランシュ」
・住所:京都市北区北山通植物園北門前
・電話:075-722-3399
・営業時間:9:00~20:00
・休日:無休

公式HP・購入はこちら

7位☆クロッシェの京あめはまるで宝石♡

「クロッシェ」さんの「京あめ」(1箱540円)は、和洋折衷が特徴です。
千年の都・京都が培ってきた技術とこだわりの味に、ヨーロッパの色と艶を融合させた新しい京あめは、その優しいじんわりとした味わいと、つややかで愛らしい色合いがまるで宝石のようだと人気です。

ひとつひとつの色に意味を持たせているそうなので、単に京都土産としてだけでなく、大切な方にメッセージとともに贈ることもできちゃうんです♪店頭で試食もできますので、いろいろ食べてみて♡

■店舗情報■
「クロッシェ」
・住所:京都市下京区綾小路富小路東入塩屋町69
・電話:075-744-0840
・営業時間:10:30~19:00
・休日:不定休(HPに記載あり)

公式HP・購入はこちら

スイーツだけじゃない!京都ならではの味♪

1位☆ポケットにはマイ七味♪

清水寺門前の坂道にある「七味屋」さんには、七味や山椒、一味にポン酢などお料理にアクセントを加えてくれる調味料が豊富です。

この中で特に目を引くのが、ひょうたん(918円~)や竹型(1,242円)の容器に入っているものです。
七味好きの方は、この容器に七味屋さんの七味を入れて持ち歩いていらっしゃるそうですよ♪食卓に可愛いひょうたんがあるだけでも、ちょっとほっこりできますね♡

■店舗情報■
「七味屋本舗」
・住所:京都市東山区清水2丁目221清水寺参道
・電話:0120-540-738
・営業時間:9:00~18:00(季節により変動)
・休日:無休

公式HP・購入はこちら

2位☆ちりめん山椒をごはんのおともに♡

ちりめん山椒発祥の地と言われる「はれま」さんは、風情ある東山祇園界隈にあります。
はれまさんで一番人気の「ちりめん山椒」(1,080円~)の特徴は、粒のままの実山椒が使われているところでしょう。実山椒に馴染みのない関東の方は、そのピリリとした刺激に最初は驚かれるようですが、爽やかで甘くない、大人の味わいが癖になっちゃうようです♪

温かいご飯に振り掛けるのはもちろん、ご飯に混ぜておにぎりにしたらもう…最高です!

■店舗情報■
「はれま」
・住所:京都市東山区宮川筋6丁目
・電話:075-561-4623
・営業時間:10:00~18:00
・休日:日曜・祝日

公式HP・購入はこちら

3位☆お気に入りが見つかる!宇治抹茶

京都の宇治には、昔ながらの日本茶専門店が多く軒を連ねています。
地元の方に「おすすめのお茶屋さんは?」と聞いても、ひとりひとり違うお店の名を挙げるくらいです♪

その中でも300年近くの歴史を誇る「一保堂」さんは、京都のお茶屋さんの中でも老舗中の老舗です。一保堂さんではお客様の話をじっくりと聞いてくれ、お好みのお茶(抹茶1,512円/40gなど)が見つかるようにアドバイスをしてくれますよ♡

自分でお茶を入れるところから体験できる喫茶室「嘉木」やお茶の入れ方教室もありますので、香り高い宇治茶を楽しみながら、ゆったりと過ごすのも素敵ですね。

■店舗情報■
「一保堂」
・住所:京都市中京区寺町通二条上ル
・電話:075-211-3421
・営業時間:9:00~18:00
・休日:正月

公式HP・購入はこちら

可愛いコスメ&雑貨ではんなり京美人♪

1位☆しゃぼんやでつるぴかお肌

京コスメを探す女性が一度は行きたい「京都しゃぼんや」さん。
こちらの石鹸(500円~)は100%天然自然素材!しかも厳選された上質のものだけを使っています。
ですから赤ちゃんから年配の方まで安心して使えるだけでなく、日本人の肌に合うようにこだわりぬいた製法で作られているので、なんと一つの石鹸ができるまで1~2か月以上かけているんです!

しゃぼんやさんの石鹸を使い始めたら、他の石鹸は使えなくなっちゃいます♡

■店舗情報■
「京都しゃぼんや」
・住所:京都市中京区三条通桝屋町55番
・電話:075-257-7774
・営業時間:10:00~19:00(季節により変動あり)
・休日:無休

公式HP・購入はこちら

2位☆京コスメといえば胡粉ネイル

日本画用の絵の具専門店として1751年に創業した「上羽絵惣」さんの「胡粉ネイル」は、その独特の色合いと、爪に優しい品質が人気です。

ぽってりした可愛らしい仕上がりで、落ち着いた色味は和装にもピッタリです。
また、除光液を使わずに、専用の除去液でスルリと落ちるので爪への負担も軽く、胡粉ネイルを使いだしてから爪がきれいになったという方も多いんですよ♡
色の名前も「艶紅(つやべに)」「水藤(みずふじ)」など京都らしい名前で、いろいろ揃えたくなります♪京都駅の伊勢丹などでも取り扱っています。

■店舗情報■
「上羽絵惣株式会社」
・住所:京都市下京区東洞院通高辻下ル燈籠町579
・電話:0120-399520
・営業時間:9:00~17:00
・休日:土・日・祝日

公式HP・購入はこちら

3位☆モダンな和雑貨ならココ♪

京都を歩けばそこかしこにある和雑貨のお店。レトロなデザインに思わず買ってしまいますが、いざ旅を終えて使おうにも、あまりにこだわったデザインで、普段使いにはちょっと…という経験ありませんか?
そんな方には「カランコロン京都」がいいですよ♪

お店のカラーでもある「マルチ市松模様」のがまぐち(1,080円~)は特に人気があり、他にもブックカバーやトートバックなどたくさんのアイテムが展開されています。

和風なのにモダンで可愛く、プレゼントにも喜ばれますよ♡

■店舗情報■
「カランコロン京都」
・住所:京都市下京区四条通小橋西入真町83-1
・電話:075-253-5535
・営業時間:10:30~20:30
・休日:無休

公式HP・購入はこちら

また京都に来たくなるお土産を…

京都土産はいかがでしたか?昔ながらのものばかりでなく、モダンでお洒落なものもたくさんありますね♪
お気に入りのものが見つかって、「これを買いに京都に行く!」っていうのが旅の目的になるのも素敵ですね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の情報

  1. 2253778fa2c23-961b-47af-9b6a-17a393071e0f_m-458146b86727462ad4341ba61d892b39917f073b

    2016-4-20

    電話ボックスに金魚が泳いでる?金魚の町、大和郡山に行ってみない?

    シェア ツイー…
  2. 169063b79d92a-1555-4b10-a75b-c0412b2173f9_m-3b653221bfd3f8ef5eb18c25a763d9399957307c

    2015-11-13

    懐かしさがこみあげる!ブックカフェとして生まれ変わった和歌山の廃小学校?

    シェア ツイー…
  3. cl000000010031_1431581077154-4bde79473a4bc1393eae91dcbfe09639df22d224

    2015-4-21

    なぜ?嘘との説も…信長による比叡山延暦寺の焼き討ち、その理由は

    織&#…
ページ上部へ戻る