【必見】全国各地の天神祭まとめ!太宰府天満宮から北野天満宮など

normal-a3b3d6cafc626c6af4a230b25aa4edea15e50be5

そもそも「天神祭」って何?

天神祭(てんじんまつり、てんじんさい)とは、日本各地の天満宮(天神社)で催される祭りのことです。 祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日で、月のなかの25日前後に行われます。 主な天神祭は上記の通りですが、全国各地にある天神宮では各々の地域にちなんだ風習に基づいて行っているところもあります。一年のうち1月の初天神祭など、ある月に盛大に行われることがあります。 各神社で行われる天神祭の中では、大阪天満宮を中心として大阪市で行われる天神祭や福岡の太宰府天満宮で開催される天神祭、京都の北野天満宮でお祭りなどが有名です。またこの3つの天満宮は日本三大天神としても有名です。

全国から選りすぐりの「天神祭」をご紹介!

全国には約1万を超える天神社、天神宮があります。その全国各地にある天神さまではその地方独自の個性豊かなおまつりがたくさん存在しています。これらのおまつりで有名で大規模なものから独自のおまつりにいたるまでのものを一部ご紹介していきたいと思います。

大阪天満宮、天神祭

大阪の「天神祭」は東京・神田祭、京都・祇園祭とともに日本三大祭りの一つと言われ、毎年130万人もの人が訪れる夏の都市大祭です。愛染祭、住吉祭とともに大阪三大夏祭りの一つとも言われています。天神祭は、大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、毎年、宵宮が7月24日、本宮が翌7月25日に定められ、賑やかに行われます。また、この日までの間に様々な行事が行われ、天神祭ギャルみこしや奉納花火なども天神祭の賑わいをもたらす行事として定着しています。祭りの中心は大阪天満宮で祀られている菅原道真公です。市内の繁栄ぶりを道真公の御神霊に見ていただき、さらなる繁栄を祈願するために、氏地を巡行するのです。この巡行で有名なのが、本宮の日に行われる陸渡御、船渡御。特に船渡御は千年以上も前に始まり、大阪とともにその古い歴史を歩んできました。水都大阪を代表するお祭りといってもよい「天神祭」は、講社はもとより、多くの人々に支えられながら、紆余曲折の歴史を経て、今日まで続いてきたお祭りなのです。

大阪天満宮、天神祭の詳細情報

会場:大阪天満宮(〒530-0041、大阪市北区天神橋2丁目1番8号、TEL : 06-6353-0025)
日程:7月24日/宵宮 (宵宮祭・鉾流神事・催太鼓・獅子舞氏地巡行)
   7月25日/本宮 (夏大祭・神霊移御・陸渡御・船渡御・奉納花火)
アクセス:
地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車 、DEF階段を上り、4番出入口を出てすぐの天神橋商店街に右へ、二ツ辻目を左へ50m、JR東西線「大阪天満宮駅」下車 、JR東西線3番出入口(東西線アクセスビル)を出てすぐの天神橋商店街に左へ、二ツ辻目を左へ50m

高速道路、環状線北浜出口を左へ、高速道路守口線下を左へ、二ツ目の信号を右へ交差点(信号)を経て100m

駐車場:大阪市扇町駐車場(大阪府大阪市北区扇町1)262台、料金:8:00~22:00 30分 200円、22:00~08:00 60分 100円、当日1日最大料金1100円(土日祝は1500円)

大阪天満宮 公式ホームページです。

太宰府天満宮、夏の天神祭

天神さまとして祀られている菅原道真公は承和12年(845)、旧暦の6月25日にご誕生されました。現在では毎年7月24日・25日の両日、道真公のご誕生をお祝いするとともに人々が悪い病気や事故に遭わないよう、今年の夏を安全無事に過ごせるように願う「夏越祓え」の神事が行われます。この両日には、町内を練り歩き回る「子供みこし」や無病息災を祈念する「茅の輪神事」(ちのわしんじ)、夕方からは「夏越えおどり」に加えて「ゆかたコンテスト」、子供向けの「ゲームコーナー」、「天神市」など天神ひろばは、色とりどりの浴衣姿の人々でとても賑わいます。また、参道筋には文芸家の方々や幼稚園児により奉納された作品を灯篭にして飾ります。25日の夜には、天神さまのおみたまをお慰めする「千灯明」が行われ、夏の夜を彩る幻想的な風情はとても趣があります。

太宰府天満宮、夏の天神祭の詳細情報

会場:太宰府天満宮(〒818-0117、福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号)
日程:7月24日(夏越祭)・25日(誕生祭)
アクセス:
九州自動車道「太宰府IC」から約6Km(約15分)「筑紫野IC」から約5Km(約20分)
都市高速道路2号線「水城IC」から6km (約15分)、駐車場:太宰府駐車センター(福岡県太宰府市宰府1丁目12-8):大型バス・マイクロバス26台、普通車850台、バイク15台、駐車料金(環境税含む):大型 2000円、マイクロ 1300円、普通車 500円、バイク 250円、太宰府パーキング(普通自動車のみ)(福岡県太宰府市宰府3丁目3-37):普通車48台、駐車料金(環境税含む):最初の1時間400円、後30分ごと100円

西鉄太宰府駅より徒歩20分、JR博多駅よりお越しの方は博多バスターミナルから出るバスにて太宰府駅まで来ることができます。(所要時間約45分)

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は福岡県太宰府市にある、天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社です。 「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国からご崇敬を集めています。 境内のご案内や太宰府天満宮の歴史、お祭り・催し、四季折々の自然や太宰府天満宮とアートの関係などについてご紹介しています。

鶴岡の天神祭、通称「化けものまつり」

出典: http://www.tsuruokakanko.com/season/tenjin/index.html

鶴岡の天神祭は、老若男女の別なく、派手な花模様の長襦袢に角帯を締め、尻をからげ、手ぬぐいと編み笠で顔を隠し、手に徳利と杯を持ち、無言で酒を振る舞う習わしで、通称「化けものまつり」として広く知られています。この祭りは、学問の神様といわれる菅原道真公(845~903年)を祀る鶴岡天満宮のお祭りで、その昔、道真公が九州太宰府に配流された時、公を慕う人々が時の権力をはばかり、姿を変え顔を隠して密かに酒を酌み交わし、別れを惜しんだという言い伝えによるものです。化けもの姿で、3年間誰にも知られずお参りができると、念願がかなうと言われており、往時には、会社や個人の家々に、化けものが上がり込み、酒などをふるまう姿が町のあちこちで見受けられました。今年もまた、5月25日には、城下町のあちこちに化けものが出現します。鶴岡天満宮では天狗舞が奉納され、道真公や手踊りのパレードが市内を練り歩き、お祭り広場では様々な催しが繰り広げられ街中が祭り一色に賑わいます。

鶴岡天神祭の詳細情報

会場:鶴岡天満宮(山形県鶴岡市神明町3-40)、鶴岡公園市内目抜き通り
日程:5月25日
アクセス:JR鶴岡駅から湯野浜温泉方面行きバス10分。市役所前下車。
車:鶴岡ICから10分 (鶴岡公園駐車場をご利用ください。)※鶴岡公園から鶴岡天満宮までは、徒歩 約10分。鶴岡公園周辺(終日)と市内目抜き通り(パレード開催にあわせて)が通行止めになります。

【お問い合わせ】 天神祭実行委員会(鶴岡市観光物産課内) 電話:0235-25-2111

山口県の防府天満宮御神幸祭(裸坊祭)(ごじんこうさい(はだかぼうまつり))

日本三天神の一つ、防府天満宮の大祭として、また西日本屈指の荒祭りとしても有名なこの祭りは、寛弘元年(1004)10月15日、一条天皇が初めて北野社に行啓された時、同時に勅使が防府天満宮に遣わされたことに由来する神事です。寒空の下、御神体を奉じた御網代(おあじろ)を白装束姿の裸坊数千人が「兄弟ワッショイ」のかけ声も勇ましく、菅公上陸の地とされる勝間の浦の御旅所まで練り歩く長蛇は、まさに壮観です。

防府天満宮御神幸祭(裸坊祭)の詳細情報

会場:防府天満宮(山口県防府市松崎町14-1)
日程:毎年11月第4土曜日
アクセス:自動車の場合、高速道路(山陽自動車道)広島方面から防府東ICから約10分、福岡方面から防府西ICから約10分※無料駐車場800台(大型バスも駐車できます)

山陽本線防府駅から徒歩約15分
防府駅 天神口(北側)2番乗り場より【阿弥陀寺】行バスにて防府天満宮下車(所要時間約5分)、徒歩3分

京都、北野天満宮の梅花祭

北野天満宮は学問の神様である、菅原道真公をお祀りした全国に1万社以上ある天満宮の総本社として有名です。そしてその北野天満宮で行われる梅花祭は菅原道真公の祥月命日に行われる祭典で、約900年の歴史があります。お米を蒸して大小2つの台に盛った「大飯」「小飯」や白梅・紅梅の小枝を挿した「紙立(こうだて)」という特殊な神饌を供え、道真公のご遺徳をしのびます。授与所では「紙立」に用いた玄米を「厄除玄米」として授与しています。

また、この日、三光門前広場では「梅花祭野点大茶湯」を催します。豊臣秀吉公が当宮で北野大茶湯を催した故事にちなみ、道真公の薨去(こうきょ)後1050年の大萬燈祭にあたる昭和27年から始まった行事です。上七軒の芸妓さんたちの奉仕により、梅の盛りを迎えた境内で華やかな野点を楽しんでいただけます。

北野天満宮梅花祭の詳細情報

会場:北野天満宮(〒602-8386 京都市上京区馬喰町)
日程:2月25日
アクセス:名神高速道路「南IC」または「東IC」より約30分、駐車場は参拝専用です。駐車は参拝時間内に限ります。開場時間:9時~17時、*毎月25日は、縁日のため駐車できませんので公共交通機関でお越しください。但し、第2駐車場(今出川通七本松東側)には約40台駐車できます。

バス利用の方、JR京都駅より市バス50・101系統、JR・地下鉄二条駅より市バス55系統、JR円町駅より203系統、地下鉄今出川駅より市バス51・102・203系統、京阪出町柳駅より市バス102・203系統、京阪三条駅より市バス10系統、阪急大宮駅より市バス55系統、阪急西院駅より市バス203系統、いずれも北野天満宮前下車すぐ
電車の利用の方へ、京福電車白梅町駅より徒歩5分

北野天満宮(きたのてんまんぐう)は梅と紅葉で有名な京都の神社です。菅原道真公をお祀りした神社の宗祀であり、「天神さん」と呼ばれ、親しまれています。アクセス方法・地図、お守りやお札等も掲載しております。

大分県の天神祭り(杵築)

杵築市城下町一帯で、300年続く天神社のお祭りが開催されます。1日目の宵宮では踊りや太鼓が奉納され、2日目の大祭には神事の後、毛槍を先頭に、神輿、荒神、鉾、お鉄砲、獅子駒、三種の神器のほか、御所車や花山、飾山などの山車の行列が、御旅所を目指して城下町を練り歩きます。夜に行われる「御上り」が見どころで、山車がぶつかり合う場面は迫力満点です。

天神祭り(杵築)の詳細情報

会場:杵築市城下町一帯/天満社(大分県杵築市大字杵築)
日程:2016年 7月24日(日)・25日(月)
アクセス:大分自動車道「杵築IC」から10分(無料駐車場:仲町駐車場、15台)
電車の利用の方へ、JR日豊本線「杵築駅」から「杵築バスターミナル行」のバス「終点」~徒歩10分

湯島天満宮例大祭(天神まつり)

湯島天神祭は湯島天満宮の例大祭で、隔年ごと(西暦の遇数年)に行われます。湯島天満宮は、雄略天皇の命によって創建されたという古い神社で天之手力雄命をお祀りしていましたが 後に菅原道真公を合祀して天満宮となりました。関東地方の天神様としてはもっとも古い歴史を有する神社です。

湯島の天神様といえば、学業成就と白梅がことのほか有名ですが5月の末に催される例大祭も 東京の初夏を彩る風物詩として親しまれています。湯島天満宮の氏子区域は湯島全域と上野南部地域の一部と25町会からなります。隔年ごとの本祭では神幸祭の行列が氏子区域をパレードし、4年ごとには本社神輿が各町内を渡御します。担ぎ手たちはみな天神様の紋を染め抜いたお揃いの白い印半纏をはおり、青い鉢巻をねじり締めて威勢良く神輿を担ぎます。

湯島天満宮例大祭の詳細情報

会場:湯島天満宮(〒113-0034 東京都文京区湯島3-30-1)
日程: 5月28日(土)・29日(日)
アクセス:首都高速都心環状線「神田橋」出口より⒈高速道路を出てから都道402号線に入り、右折して都道302号線に入り直進する。⒉淡路町交差点で都道405号線に入り、そのまま道なりに都道405号線と都道452号線を直進する。⒊文京区3丁目の交差点を左折し、湯島天満宮に到着(約10分)、首都高速1号上野線「上野」出口より

⒈高速道をを出てから昭和通りを進み、上野駅前で左折して都道452号線に入る。
⒉上野広小路交差点で右折して春日通に入り、直進。
⒊ひとつ目の信号を過ぎた先で左折し、次の交差点を右折すると、到着(約5分)、駐車場はタイムズ湯島天神第1(13台)、タイムズ湯島天神第2 (8台)、駐車料金 … 8:00〜24:00 20分 200円 / 24:00〜8:00 60分 100円※12月30日〜1月12日は特別日料金となります。

電車を利用の方へ、東京メトロ千代田線「湯島駅」3番出口より徒歩2分、東京メトロ銀座線「上野広小路駅」より徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」より徒歩10分、JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」より徒歩8分、都営地下鉄大江戸線「上野御徒町駅」A4出口より徒歩5分です。
バスを利用の方へ、都バスを利用して行く場合は、都02系統「湯島三丁目」より徒歩2分、上69系統「湯島三丁目」より徒歩4分、学01「上野広小路」より徒歩5分、上23・上58・草39「上野松坂屋前」より徒歩5分です。

東京の下町、亀戸天神社の藤まつり

東京は江東区にある亀戸天神社、古くはご本社にあたります九州太宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」、あるいは「亀戸宰府天満宮」と称されておりましたが、明治6年に東京府社となってより亀戸神社と号し、昭和11年に現在の亀戸天神社と正称いたしました。

4月の下旬から5月の中旬にかけて、亀戸天神社境内に100株以上ある藤の花が一斉に咲き始めます。心字池に写る姿と淡い香りが多くの人々に愛され東京一の藤の名所として賑わいを見せます。一方、夜の境内は静寂の中に灯りにてらしだされた花房が、心字池のかすかな波に揺れて写る様は幽玄(ゆうげん)の世界そのものです。東京一と言われる藤の見事さだけでなく、藤まつり期間中は茶会や伝統芸能披露など多くの催し物や100以上の露店で賑わっています。この機会に亀戸天神社周辺の下町の情緒の風情もぜひあじわってみてはいかがでしょうか? 

亀戸天神社の藤まつり詳細情報

会場:亀戸天神社(〒136-0071東京都江東区亀戸3丁目6番1号)
日程:4月中旬から5月上旬まで(詳細な日程は毎年公式ホームページにて公表されてます。)
アクセス:首都高中央環状線「平井大橋出口」から約10分、駐車場は参拝用駐車場利用可(30台)
電車のご利用の方へ、総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分、総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車、北口より徒歩15分

天満大神(菅原道眞公)、天菩日命(菅家の祖神)を奉祀する亀戸天神社は一般には広く「亀戸の天神さま」「亀戸天満宮」と呼ばれ、 親しまれております。亀戸天神社オフィシャルサイト。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 全国各地に1万社以上ある菅原道真公をお祀りした天神社、天神宮にて開催されるお祭り。今までは自身の地元のものが唯一の天神祭と思っていた方も多いのではないでしょうか? この記事の紹介内容をきっかけに他地方の天神祭に行って各々の地域で育まれた歴史と伝統を体験してみるのも大変興味深いことだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の情報

  1. 2253778fa2c23-961b-47af-9b6a-17a393071e0f_m-458146b86727462ad4341ba61d892b39917f073b

    2016-4-20

    電話ボックスに金魚が泳いでる?金魚の町、大和郡山に行ってみない?

    シェア ツイー…
  2. 169063b79d92a-1555-4b10-a75b-c0412b2173f9_m-3b653221bfd3f8ef5eb18c25a763d9399957307c

    2015-11-13

    懐かしさがこみあげる!ブックカフェとして生まれ変わった和歌山の廃小学校?

    シェア ツイー…
  3. cl000000010031_1431581077154-4bde79473a4bc1393eae91dcbfe09639df22d224

    2015-4-21

    なぜ?嘘との説も…信長による比叡山延暦寺の焼き討ち、その理由は

    織&#…
ページ上部へ戻る